コラム「メコン仙人だより」(江口久雄さん)第66話「三韓の国々」

コラム「メコン仙人だより」(江口久雄さん) 第66話 「三韓の国々」

奴国の王シバコはタミル語のシヴァン・コーと読める、などと前回はずいぶん思い切ったことを書いたものです。僕は素人のクセに好奇心ばかり旺盛な少年ですから、こういうことを平気で書けるのですよ。だいたい新しい古墳が発掘されるたびにアカデミズムは右往左往するばかりではありませんか。連中はモノシリですが、たいしたビジョンは持っていない証拠です。『倭人伝』や『古事記』、『日本書紀』など、どしどし素人の発想で面白く読みましょう。

さて今回は同時代の『魏志東夷伝』に出ている対馬海峡の対岸、三韓の国々を見てみましょう。当然、国名は漢音で読みます。まずは洛東江を中心とする弁辰十二国があります。これらの国の中に、どうも倭語の名前ではないかと思われる国が三つあります。まず弁辰の最南端にある古資弥凍(コシビト)国、洛東江下流東方の弥離弥凍(ビリビト)国、洛東江上流東方の難弥離弥凍(ナンビリビト)国です。古資弥凍(コシビト)国は小伽耶国とも呼ばれて六伽耶国のひとつでした。「コシビト」という音からは、いやでも高志人、古志人、越人などが連想されてしまいますね。実際この国は北九州と盛んに通交していたようで、対馬海峡を横断する船を持っていたとすれば、それはもう西は済州島から東は出雲・高志へと船を通わせていたに違いありません。実に山陰から北陸にかけての日本海側の地方は、アカデミズムから郷土史家に至るまで、加羅や新羅の影響が濃厚であることを認めています。つまり多くの渡来人が来たということが公認されているのですね。

それでは山陰から北陸にかけての日本海側の地方から逆に加羅や新羅を見てみましょう。そういうビジョンに立ったとき、「コシビト」国がぐーんとクローズアップされて来るのですよ。「コシビト」国は現在の海に近い固城の街です。「固城」という名前がまたいいですね。まったくの中国風の名前です。中国人は南のチャンパ王国を「占(チェム)城」と呼びましたし、また西北のタルバガタイという蒙古人の街を「搭(ター)城」と呼びました。現地名の頭の音を一字の漢字に留めて、それに城を付ける命名法です。「固城」の固(コ)はコシビトのコではないでしょうか。みんなでワーッと固城に行って好き勝手にウロウロしていると何かが見えてくるかもしれませんね。

一方、ビリビト国とナンビリビト国は、コシビト国ほど明快なイメージが湧きません。三重県に名張(ナバリ)という地名が有りますが、昔の伊賀国の那婆理(ナバリ)です。ナンビリに近い音ですが、関係があるかどうかわかりません。和歌山県から三重県にかけては牟婁(ムロ)郡という地名があります。これは後に加羅の国から百済に割譲された四県のうちの牟婁県とまったく同じ字です。ビリビト国のビリ、ナンビリビト国のナンビリに対応する地名が、日本のどこかにあるかもしれません。なんたって五六二年に新羅が加羅を併合した際には、多くの加羅人が倭国に逃げてきたのですからね。

 ところで『魏志東夷伝』に出ている三韓の国を追っているうちに、南流する澹津江の河口に楽奴(ラクド)国、西流する錦江の河口に臨素半(リンソハン)国というラ行音で始まる国名が見つかりました。ご承知のように日本語と韓国語にはラ行音で始まる言葉がありません。純日本語と純韓国語にラ行音の単語はないのです。すると楽奴(ラクド)国および臨素半(リンソハン)国は、日本語と韓国語の名ではないことになりますね。岡田英弘は、戦国時代の越が呉を滅ぼして呉越の地方から山東半島の沿岸部までの大国を築いた後、盛んに朝鮮半島に勢力を伸ばしたと言っています。越はタイ・ベトナム系の国ですから、楽奴(ラクド)とか、臨素半(リンソハン)の語は、タイ語かベトナム語で読めるかもしれません。ちなみに楽奴はタイ語ではラック・ドー(柱、高く立つ)と読めます。タイには女性を人柱として生き埋め、その上に国(街)の柱(ラック・ムアン)を建てる習慣がありました。また臨素半はランナー語でリン・ソ・ハーン(猿が尾をさがす)と読めます。まずは阿呆になって素直に読んでみました。答えというより問題提起です。

関連記事

お知らせ

  1. 2023/9/24

    石川県立歴史博物館 令和5年度秋季特別展「御殿の美」(2023年10月14日~11月26日)@石川県立歴史博物館(石川県金沢市)
  2. 2023/9/24

    高志の国 文学館 企画展「ドナルド・キーン 世界から見た日本文学展」(2023年9月24日~11月27日)@高志の国 文学館(富山県富山市)
  3. 2023/9/24

    福井市郷土歴史博物館 秋季特別展「THE 福井駅前 – 地図と写真で振り返る駅前120年の軌跡 -」(2023年10月19日~12月3日)@福井市郷土歴史博物館(福井県福井市)
  4. 2023/9/24

    福井県立歴史博物館 特別展「描かれた川と人々~越前・若狭の利水の歴史~」(2023年10月21日~11月26日)@福井県立歴史博物館(福井県福井市大宮)
  5. 2023/9/8

    福井市橘曙覧記念文学館 企画展「曙覧と周辺の人々 ~江戸時代の知のネットワーク~」(2023年9月8日~12月3日)@福井市橘曙覧記念文学館(福井県福井市足羽)
  6. 2023/7/15

    室生犀星記念館 企画展「あにいもうと ー人生の悪を吐きつくせ」(2023年7月15日~2024年2月25日)@室生犀星記念館(石川県金沢市)
  7. 2023/6/25

    福井県立歴史博物館 特別展「「鬼柴田」勝家の実像 ~武勇と統治に長けた忠義の臣」(2023年7月29日~9月3日)@福井県立歴史博物館(福井県福井市大宮)
  8. 2023/6/25

    福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館 開館1周年記念 朝倉義景没後450年記念特別展「朝倉義景の一生 – 列島を俯瞰する外交知略 -」(2023年7月22日~9月3日)@福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館(福井県福井市安波賀中島町)
  9. 2023/6/25

    石川県立歴史博物館 2023年度夏季特別展「いしかわの霊場 – 中世の祈りとみほとけ-」(2023年7月22日~9月3日)@石川県立歴史博物館(石川県金沢市)
  10. 2023/6/25

    福井市郷土歴史博物館 令和5年度垣特別陳列①「ふくいの里山 文殊山ゆかりの神仏」(2023年7月27日~9月3日)@福井市郷土歴史博物館(福井県福井市)
過去の記事

ピックアップ記事

  1. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  2. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  3. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  4. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  5. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年11月1日 福井新聞 掲載) 第6回 「心あひの風」 生活…
  6. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年9月6日 福井新聞 掲載) 第5回 「過去の影は未来の約束…
  7. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年7月5日 福井新聞 掲載) 第4回 「越路のたむけ(峠)」…
  8. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年5月3日 福井新聞 掲載) 第3回 「九頭竜に散った折鶴」…
  9. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年3月1日 福井新聞 掲載) 第2回 「ふくい男の立ち姿」 …
  10. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年1月5日 福井新聞掲載) 第1回 「からだだわるな」 現代…
ページ上部へ戻る