南越地域の伝承・伝説「金井の首塚」(福井県鯖江市神明地区)

南越地域の伝承・伝説
「金井の首塚」(福井県鯖江市神明地区)

(写真下:神明社と境内の烏ヶ森社叢(福井県鯖江市水落町)<*2023年6月10日午前訪問撮影>

「金井の首塚」
”昔、金井谷五郎という武士がいて、天下の覇者になろうと志し、神明社に祈願して、千人の首級を供えることを誓った。
それからは樹木のうっそうとした山中に潜み、日ごと糺野を往来する者を斬って神前に供えた。たまたま由井民部之助正雪が諸国武者修行の途、この地に来て神明社に参詣した所、神前に首の供えてあるのを見て怪しんだ。これを見た金井谷五郎は刀を振るって由井正雪に躍りかかった。由井正雪はからだをかわし刀を抜いてしばらく応戦。勝負はなかなか尽きず、ついに刀を引いて互いに名を名乗り合った。由井正雪の名を聞いた金井谷五郎は大いに驚き、由井正雪に屈服し、それ以来、供え首を取り止めたという。
この首塚は神明社前の大鳥居の近くにあったというが、今はわからない。なお、金井谷五郎が血刀を洗ったという池は今の福井県鯖江市三六町にあったといわれている。”
<ー「鯖江市史 史料編・第1巻 民俗編」(1973年11月発行)ー>

(写真下:浮世絵師・豊原国周(1835-1900)の作品:真ん中の宇治常悦は由井正雪。右が金井谷五郎(金井半兵衛)役、左が丸橋忠弥役の役者似顔絵)


ここで登場する由井(由比)正雪(慶長10年(1605)?-慶安4年(1651)は、江戸時代前期の日本の軍学者で、徳川幕府転覆未遂事件の慶安の変(由井正雪の乱)の首謀者。出自は不明な点が多く、駿河国由比の染物屋の子、駿河国浅間宮ヶ崎説など諸説ある。江戸において軍学塾「張孔堂」を開き楠流軍学を旗本や浪人などに教える。慶安4(1651)年、同志の丸橋忠弥、金井半兵衛らと幕府転覆をはかったが、内通により事前に発覚、駿府茶町の旅宿で自害(慶安事件)。のち由井正雪の生涯と慶安事件は、江戸時代の実録本として流布し、河竹黙阿弥の歌舞伎「樟紀流花見幕張」(慶安太平記)の歌舞伎や浄瑠璃、講談などで人気を博してきた。

一方、金井半兵衛(?~慶安4年(1651年)、歌舞伎などでは金井谷五郎として知られる)は、長州藩毛利家の家臣の子として生まれたと言われるが、出自は定かでなく、由井正雪との出会いは、毛利家に出入りしていた丸橋忠弥(?~慶安4年(1651年))により推挙されて、由井正雪の門弟となり、由井正雪の門弟の中では、丸橋忠弥に次ぐ立場。その後、由井正雪の江戸、京都、大阪で事を興す徳川幕府転覆計画に加担。金井半兵衛は、大阪での計画の主将として、大阪市中を焼き討ちし、混乱に乗じて大阪城を占拠し籠城する手はずであった。しかし、実行前に計画が発覚したため金井半兵衛は潜伏したが、慶安4年(1651年)8月13日、大阪の天王寺勝鬘院の門前で自害。

尚、神明社境内の池脇に建立している燈篭は、徳川幕府初期の慶長13年(1608年)建立で、まさに、由井正雪や金井半兵衛(金井谷五郎)が生きた時代と変わらない時代に建立された文化財。

(写真下:神明社境内の神明社慶長の燈籠(福井県鯖江市水落町)<*2023年6月10日午前訪問撮影>

関連記事

お知らせ

  1. 2024/3/13

    令和6年春季特別展「 越前百万石ものがたり~ 福井藩祖 結城秀康~ 」(2024年3月20日~2024年5月6日)@福井市郷土歴史博物館(福井県福井市)
  2. 2024/3/9

    北陸新幹線福井・敦賀開業記念特別展Ⅰ「戦国大名朝倉氏 武威の煌めき<源氏物語と戦国武将>」@福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館(福井県福井市)
  3. 2024/3/8

    春季特別展「 前田家の姫君~ 寿々姫のお輿入れ~ 」(2024年3月8日~2024年6月11日)@加賀本多博物館(石川県金沢市)
  4. 2024/2/10

    富山市郷土博物館企画展「 館蔵品にみる十村たち ~藩主前田家を支えた江戸時代の豪農~ 」(2024年2月10日~2024年4月21日)@富山市郷土博物館(富山県富山市)
  5. 2024/2/7

    若州一滴文庫収蔵品展「 水上勉の集めた美術の粋」展 作家の選美眼と選ばれた絵画(2024年2月7日~2024年6月3日)@若州一滴文庫(福井県おおい町)
  6. 2024/2/6

    美浜町歴史文化館第15回企画展「 美浜に残る北前船の波跡」(2024年2月6日~2024年5月12日)@美浜町歴史文化館(福井県美浜町)
  7. 2024/1/26

    令和5年度越前市武生公会堂記念館 紫式部・源氏物語関連企画展(2)「 越前市へ通じる道 人・モノが行き交う道 」(2024年1月26日~2024年3月24日)@越前市武生公会堂記念館(福井県越前市)
  8. 2023/12/25

    高志の国 文学館 企画展「没後50年 コスモポリタン 翁久允 OKINA kyuin 脱日本人! 展」(2023年12月16日~2024年3月4日)@高志の国 文学館(富山県富山市)
  9. 2023/12/16

    福井県立若狭歴史博物館テーマ展「 ちょっとむかしのくらし展 国鉄小浜線のころ」(2023年12月16日~2024年3月10日)@福井県立若狭歴史博物館(福井県小浜市)
  10. 2023/11/18

    富山市郷土博物館 企画展「とやまの文学」(2023年11月18日~2024年2月4日)@富山市郷土博物館(富山県富山市)
過去の記事

ピックアップ記事

  1. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  2. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  3. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  4. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  5. 南越三余塾「越的アジア講座」in LUFF Fukui Work & Studio 202…
  6. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年11月1日 福井新聞 掲載) 第6回 「心あひの風」 生活…
  7. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年9月6日 福井新聞 掲載) 第5回 「過去の影は未来の約束…
  8. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年7月5日 福井新聞 掲載) 第4回 「越路のたむけ(峠)」…
  9. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年5月3日 福井新聞 掲載) 第3回 「九頭竜に散った折鶴」…
  10. ふくい日曜エッセー「時の風」(2020年3月1日 福井新聞 掲載) 第2回 「ふくい男の立ち姿」 …
ページ上部へ戻る